origootameshi300.gif

2015年05月22日

副作用の心配がないオリゴ糖

便秘薬などで無理に出すと副作用が気になったり癖にならないかと心配になります。その点、副作用の心配のないオリゴ糖を含むサプリメントや健康食品も多くあり、最近では腸内環境を整える食品として知られています。

なるべく、日々の食事を改善したり、運動や水分を多く取り入れたりするようにして、自然と便秘が改善するようにしましょう。サプリメントだけに頼ることはあまりおすすめできないのですが、オリゴ糖がかなり効果があるということもあり、飲み続ければ健やかな腸内の環境になります。

善玉菌を優勢にして腸の中を活発な動きにしてくれるのがオリゴ糖なんです。シリアルやヨーグルト、バナナ、牛乳など便秘の解消に役立つ食品は朝食に多いです。必要以上は食べないというカロリーコントロールが非常に大切になってきます。

便通が毎日あっても便の量がわずかで、さらに残便感・めまい・腹痛・頭痛などの症状があらわれている状態も便秘といいます。オリゴ糖で乳酸菌を効果的に増やせれば、悪玉菌を撃退して、腸内のバランスも整います特選養麗健茶はあの楽天市場の健康茶部門で一位を獲得するほど人気が高いようです。

産後太りにはおいしいので飽きずにいますが、空腹感が・・・。便意を感じたら必ずトイレに行ってウンチを出すという習慣をつけることが大事です。オリゴ糖は便秘解消の効果も多くの利用者の体験談によって証明済みです。その腹筋の筋力が弱いと、腸の中の食べ物などを動かす力も弱くなります。

ほとんどのオリゴ糖のカロリーは1グラムあたり2カロリー程度。粉末ですのでヨーグルトやお料理にちょっと入れるだけでOK。天然オリゴ糖の代表的な効能として便秘解消に役立つという作用が挙げられます。結局、意思が弱くやめることは出来ませんでした。

食べ物は約半日から24時間以内に排泄されるのが理想的なのですが、かといって便秘をそのままにしておくと、自分自身も苦しいしみえない体の中では異変がおこっています。
ラベル:副作用
posted by メール便 at 14:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする